寶物殿新築についてご説明とお願い

現在の状況について

2022年7月26日の様子です。完成を楽しみにされてください。

写真:住職

新築理由

これまで、宝物の仏画等(鎌倉から江戸時代)は皆様の浄財により永年かけて少しずつ修復し、県立美術館の収蔵庫に三十年間預かっていただいております。しかし、せっかく修復しても、皆様に拝観していただくことができなければ意味がありません。弘法大師ご誕生一千二百五十年を来年に控え、宝物殿建立を発願した次第です。また高齢化社会に向けて、ここでも祈願、供養を修します。

建立場所

登り口から約九十メートル下手の県道東側の現駐車場。遥拝所の六十メートル下手。

規 模 等

建坪約五十四坪の平屋。天井高五メートル。高さ約九メートル。一角にできる収蔵庫は鉄筋コンクリートの全面二重構造。車いす使用可。総工費一億円。御本尊木造大日如来(台風被害を受けた狗留孫山の大杉にて仏師制作)前に十一面観音。両脇に両界曼荼羅。

工事行程

令和四年二月建築許可済。三月着工前の諸準備工事。五月五日地鎮式。五月中旬建物着工。十一月完成予定。収蔵庫のコンクリートの乾燥を待って、県美から宝物を引き取り、令和五年五月落慶法要厳修の後オープンします。

拝観料等

無料。感染防止等のため入場人数には制限があります。

ご支援の方法と御礼

◎ 千円以上 おいくらでも構いません。なるべく多くの方のご支援を仰ぎたく存じます。

○ ご支援浄心者の御芳名を金額にかかわらず御芳名録に記入し、御宝前にお供えし祈念いたします。

○ 宝物殿玄関内に五万円から金額と御芳名を掲示いたします。

○ 百万円以上の方には、石碑の建立(ご芳名が後世に残ります)もしくは、先祖代々などのお位牌を新調奉安し永代供養をいたします。

※ 必要な方には個人・法人とも領収書を発行いたします。

ご夫婦等の連名、分割もできます。詳細・ご要望はお尋ねください。

悲願達成のため多くの方のご支援を伏してお願い申し上げます。

  令和四年三月吉日

別格本山 狗留孫山修禅寺 住職 蓮住信慶

篤信各位

郵便振替口座番号

01580-4-1647 (宗教法人狗留孫山修禅寺)

通信欄には『宝物殿新築支援金』とご記入いただき、御芳名録に記入する御芳名もお知らせください。

寶物殿地鎮式

2022年5月5日、寶物殿の地鎮式を行いました。

写真提供:江口雄二様

同日、納骨堂の地鎮式も行いました。

写真提供:江口雄二様